大縣神社梅まつり2017日程やアクセス情報、見頃の時期は?

スポンサーリンク

大縣神社梅まつり2017日程やアクセス情報など

大縣神社梅まつり
愛知県犬山市に位置する大縣神社では、毎年春に「梅まつり」を開催しています。
梅の木が美しく咲く場所としても有名な場所で、たくさんの人が訪れます。
犬山城もある場所なので、観光にもおススメ!今回は大縣神社についてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

大縣神社の梅まつりとは?

国の重要文化財に指定されている歴史の深い神社で、愛知県では子宝と縁結びのご利益があることで有名な神社です。神社内には梅園が作られていて、約270本もの梅の木が花を咲かせるスポットです。
毎年2月には、大縣神社のしだれ梅の見頃にあわせて「梅まつり」が開催されます。
初日のオープニングセレモニーを始め、盆梅や生け花が彩りを添えるなか、期間中の日曜は週替わりで大正琴演奏、能の披露、お茶会、朝市などが催されますよ。
3月には豊年祭、姫宮敬神講社大祭が執り行われ、無料で観賞できる梅華能も上演されます ので、それに合わせて行くのも良いでしょう!

2017年の日程

日程:2017年2月19日(日)〜3月20日(月・祝)までの開催です。
時間:8時半~17時

見どころ

大縣神社にある梅園には、全国の梅園や神社から奉納された紅白の「しだれ梅」が植えられており、春先になると綺麗な梅の花が咲き誇ります。

豊年祭とは別名「於祖々祭(おそそ祭)」とも言います。毎年3月15日直前の日曜日に行なわれる祭事で、女陰をかたどった山車などが練り歩きます。
先頭に天狗の面を被った猿田彦(サルタヒコ)が立ち、行列を先導します。日本神話の天孫降臨の際に、サルタヒコがニニギを道案内したことからこの光景となっているようです。

次に太鼓や笛などの音楽を奏する行列が続き、そして白い衣を被った女性達の行列が続きます。この衣装は女性器を模ったものであるとされており、これも「子孫繁栄」を表現しているものだと伝えられています。

梅まつりとも重なりますので、どちらもみたい方はこの時期に行くのをおススメします!
五穀豊穣・万物育成・子孫繁栄を祈願するお祭りであるとされており、特に有名なのが愛知県小牧市で行われる田縣神社の豊年祭です。大縣神社ではそれと同時期に開催されています。ちなみに、大縣神社から田縣神社までは徒歩40分程度の距離であり、電車もありますので、行ってみるのもおススメです!

◆豊年祭のスケジュールは以下の通りです。

10:00~ 子供神輿
11:00~ 稚児行列
11:30~ 稚児祈願祭
12:15~ 献餅車・飾り車・姫宮福娘パレード(今仙電機 ⇒ 大縣神社)
13:00~ 神幸行列(諸钁神社 ⇒ 大縣神社)
13:30~ 尾張太鼓奉納(大縣神社境内)
15:00~ 歌謡ショー
16:00~ 餅まき

続きは次のページで