クリスマスチキン簡単人気レシピと温め方、皮をパリパリにする焼き方は?

スポンサーリンク

簡単レシピとフライパンでできるクリスマスチキン

kurisumasutikinn
クリスマスといえばチキンがメインですよね!いつもは骨なしのから揚げ風のものが食べやすく定番となりがちですが、クリスマスはやっぱり豪華に見えるチキンで見た目も華やかな一皿に。意外と簡単に作れますので、小さなお子様用にもおススメな手羽元の簡単な作り方からご紹介します!

スポンサーリンク

クリスマスチキン簡単人気レシピ

1.料理レシピ

材 料(2~4人分)
手羽元 10本  ○牛乳 1カップ ○卵 1個
☆薄力粉 1カップ ☆片栗粉 1/2カップ ☆BP 小さじ1 ☆塩コショウ 小さじ2 下味用塩コショウ 少々

①手羽元にフォークや楊枝をさし穴を開け下味用の塩コショウをよくすりこんで20分以上放置。
②○(牛乳・卵)と☆(粉類)をそれぞれ合わせておく。
③お肉を○→☆→○→☆と衣づけし190度の油で揚げるだけ。

2.料理レシピ (カレー風味)

材 料(2~3人分)
手羽元 8本程 ☆卵 1個 ☆カレー粉 小さじ1強 ☆塩 小さじ2/3
☆醤油 大さじ1
・片栗粉 大さじ2・薄力粉 大さじ2

①手羽元をフォークでプツプツさしてからジップロックに入れます。
②そこに合わせておいた☆を入れ、30分以上置く。
③片栗粉、薄力粉を加え、よく揉みます。
④それを180度の油で火が通るまで揚げる。
kurisumasutikinn

フライパンで作れるクリスマスチキン簡単レシピ

①骨付き鶏モモ肉は、調理の30分前に冷蔵庫から出し常温に戻す。
②鶏肉の骨に沿って、切れ目を入れる。
③鶏肉に塩・コショウをふり、みじん切りにしたニンニクとローズマリーをまぶす。
④フライパンを火にかけ、オリーブオイルを入れる。
まだ冷たい状態のフライパンに、鶏肉の皮目を下にしてのせる。
⑤鶏肉に重石(底が平たい耐熱皿など)をのせ、4分ほど焼く。
⑥鶏肉の皮目に焼き色がついたら、フタをして、そのまま1分ほど蒸し焼きにする。(鶏肉は、ひっくり返さない。)

【ポイント】

kurisumasutikinn
鶏肉が冷たいままだと、均一に火が通りません。必ず常温にすることをおすすめします。
厚さを均一にすると、火の通りも均一になります。骨がちゃんと見えるようになるまで、切り込みを入れるとムラになりません。

鶏肉はフライパンが冷たい状態から焼き始めます。フライパンを温め過ぎてしまうと、肉が縮んで硬くなってしまうのを防ぐためです。

鶏肉は、底が平たい耐熱皿などで、上から重石をしながら焼きます。重石をせずにそのまま焼くと、肉がそり返ってしまいます。

重石をすると、鶏肉の表面全体をフライパンにしっかり密着させることができるため、均一に焼くことができます。そうすることで、肉が固くなる前に肉全体に火が通りふっくらと仕上がるのです。

続きは次のページで