クリスマスチキン簡単人気レシピと温め方、皮をパリパリにする焼き方は?

スポンサーリンク

皮をパリパリにする焼き方は?

kurisumasutikinn
鶏肉は、ひっくり返さずに、皮目の方だけを焼きます。
鶏肉の身の方(皮目とは逆の面)がフライパンに直接当たると、肉質が硬くなり、肉汁が流れ出てしまいます。
最初は少し手間でも抑えながら焼くのが皮をパリッとさせる大事な作業です。

クリスマスチキンの温め方、注意点は?

衣のあるチキンは温めなおすために電子レンジにかけると、衣から油が染み出してしまいます。そのため、まず軽く電子レンジにかけた後に一度クッキングペーパーなどにあげて、出てきた油を吸い取るとよいです。レンジの時間が長すぎると、中のお肉が固くなってしまうので注意してください。

電子レンジとトースターを使う場合

レンジでチンだけで温めなおすと衣のついているチキンは周りがフニャフニャになり脂もギトギト。ラップをかけると特にこうなります。そこでラップをかけずに

電子レンジでほんのり温まる程度まで温める
オーブントースターでそのまま5分程度焼く

そうすると中はふわっとして外はカリッとしたチキンになります。
ローストチキンなどはレンジで軽く中を温め、軽く油を吸い取った後、フライパンで外側がパリッとするまで焼く方法もあります。表面をパリッとさせようと思うと、少し焦げ目を作るくらいの気持ちで温めてもいいですね。少し強めに焼いてもよい食感が残せます。

スポンサーリンク

クリスマスには豪華なクリスマスチキンを

温めるチキンの種類によりますが、単にレンジにかけるだけだと、どうしても固くなってしまいます。レンジにかけ過ぎないこと、オーブンやトースター、フライパンを上手に活用することで、出来立てのようなおいしさを引き出して美味しくいただきましょう。