九州一花火大会2016の日程とアクセス、穴場スポットは?

スポンサーリンク

世界一の花火師は!?九州一花火大会!!

kyuusyuuitihanabitaikai
九州ハウステンボスでは、西日本最大級の花火大会が開催されています!この花火大会は、日本と海外の花火師の熱い戦いでもあるんです。ヨーロッパ調の建物と日本の花火が融合され、幻想的な雰囲気を味わうことが出来ます。見どころや穴場スポット、おススメ周辺ホテルについてまとめました!!

スポンサーリンク

九州一花火大会とは?

第4回九州一花火大会は2部構成になっており、第1部は、予選を勝ち抜いてきた日本と海外の花火師が、腕を競い合います!世界1の花火師が決まる熱い戦いです!
この花火審査には、ウォーターマークホテル会場の特別観覧券を購入した人も参加することが出来ますよ。
第2部は、全国の花火師が自慢の花火を打ち上げ、この大会でしか見ることが出来ないショーなど見応えのある内容になっています!
打上げ数は2万2000発あり、見る人に感動と迫力を与えてくれます!

九州一花火大会の日程と時間

【日時】2016年9月24日(土)18時45分から21時15分
【会場】ハウステンボス ハーバータウン海上
【問合せ先】ハウステンボス総合案内ナビ/ 0570—64-110
hausutennbosu

見どころやおすすめの穴場スポット(複数)

見どころ

第1部の「花火師の戦い」は絶対に見逃せません!!世界で一番の花火師が決まります。
海外予選では、5月に行われた予選、中国VSアメリカで、アメリカの勝利!
次は7月17日にイタリアVSロシアの戦いを観ることが出来ます。
どの国の花火師も、国を代表して日本に来ていますので技術がすばらしい!!
お互いに、毎年刺激し合うことでより素晴らしい技術が生まれるんですね。
ちなみに日本代表は4月に行われた決勝で「㈱イケブン」に決定しました。㈱イブケンは数々の受賞歴があり、内閣総理大臣賞も獲得しており、一流の花火師がいます。
技術はもちろん、独創的な花火を作ることが出来て、観客を大いに楽しませると共に、日本の技術を海外に見せる良い機会でもあります。花火は日本の夏の風物詩です。絶対に負けたくないところですね!
第2部はまた違った楽しみ方が出来ます。ラスト5分で約4000発もの花火が打ち上げられるので、圧倒されますよ!他にも幅1キロにも及ぶ大スターマインも見どころの1つです。

今年はキャラクターの花火も見れるようです!!花火師の腕の見せ所ですね!

穴場スポット

大島防波堤

車じゃないと行けない場所ですが、遮る建物がないので花火全体を観ることが出来ます!低い位置で打ち上がる花火は見えない可能性がありますが、ゆっくり見ることができます!

尾崎公園


会場から5キロ離れていますが、駐車場は無料ですし、早岐駅から徒歩5分程度なのでアクセスも良いです。人込みを避けたい場合におススメです。

有料になってしまいますが、「デハール花火観覧クルーズ」もおススメです!
(大人13,000円/小学生6,500/4歳~小学生未満4,000円/シニア11,000円)
deha-ruhanabikannrannkuru-zu
会場の特等席で花火を楽しむことが出来ます!人混みを気にせず会場で花火を楽しむことが出来ます!カップルや旅行の方におススメ!!(軽食・ドリンク付)

続きは次のページで