青森ねぶた祭り2016の日程や詳細、見どころは?

スポンサーリンク

青森ねぶた祭りに行ってみよう!!2016年の日程や見どころは?

今年も暑い夏がやってきました。青森ねぶた祭りと言えば、あの勇ましく豪華絢爛な山車(ねぶた)を思い出す人も多いと思います。ぜひともこの夏は短くも暑い東北の夏祭りを肌で感じてみてはいかがでしょうか。
oaomorinebutamatsuri
そこで、2016年の青森ねぶた祭について、日程や見どころ等の情報について集めてみましたので参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

ねぶた祭りとは

青森ねぶた祭りは、東北三大祭りの1つで、青森市で8月2日から8月7日まで行われる夏祭りで国の重要無形民俗文化財にも指定されています。毎年200万人以上の観光客が訪れ、東北だけでなく全国的にもとても有名なお祭りです。ちなみにねぶた祭りは、青森や弘前が有名ですが、それ以外にも青森県を中心に多くの町で行われています。

oaomorinebutamatsuri

そんなねぶた祭りですが、その起源は今でもはっきりわかっていないようですが、一説では昔から行われていた七夕祭りとその地方独自の文化が融合して年月を掛けながら現在の祭りの姿になったようです。お祓いの意味合いが強かったようで、ねぶたの勇敢な姿に何となくうなずけますね。

青森ねぶた祭り2016年の日程は?

8月1日(月)

(18:00から21:00頃)前夜祭
(19:00から20:40頃)第68回浅虫温泉花火大会

8月2日(火)、3日(水)

(19:10から21:00)子供ねぶた、大型ねぶたの運行

8月4日(木)から6日(土)

(19:10から21:00)大型ねぶたの運行

8月6日(土)

各賞の発表があり受賞したねぶたが見られます。

8月7日(日)

(13:00から15:00)大型ねぶたの運行
(19:15から21:00頃)青森花火大会、ねぶた海上運行
受賞したねぶたが青森港で海上運行し花火とともにフィナーレを迎えます
気になる天候についてですが、雨天でもビニールをかけて運行するので中止にはならないので安心ですね。ちなみに今まで運行が中止になった事はないようです。

見どころは?

見どころはやはり、ねぶた運行でしょう。歴史上の物語や歌舞伎などの題材が多いですが、最近では地元の偉人やテレビ番組を題材にすることもあるようです。そんな迫力満点のねぶたがおよそ何台も練り歩く姿は近くで見たいところです。

oaomorinebutamatsuri
最終日まで滞在可能であれば、祭りのフィナーレを飾る海上運行は夏の夜に浮かび上がるねぶたと夜空を彩る花火を同時に味わえるので何とも贅沢ですよね。

もっともっと楽しみたい人は、ぜひ“ハネト”として運行に参加してみて下さい。ハネトは、ねぶたを盛り上げる踊り子で、一般客でも当日参加できるのです。但し、祭りの正装になる必要があるので購入かレンタルで準備して下さいね。また、運行が始まる30分前には集合場所に到着するようにして下さい。あとは、「らっせーらー!らっせーらー!!」と掛け声と共に楽しく飛び跳ねるだけです。動画を見て更に気分を盛り上げていきましょう。

続きは次のページで