大曲花火2016の日程と見どころ、穴場スポットを紹介!!

スポンサーリンク

大曲の花火大会に行ってみよう!2016年の日程と見どころを紹介!!

一度は見てみたい花火大会の1つが、この大曲の花火大会と言う方も多いと思います。毎年、全国の花火師が最高の腕を見せ、競い合い、日本一の花火師が決まる年に一度のビッグイベントである為、有料観覧席もなかなか手に入らず、当日は大混雑、どこへ行っても場所が無い、というのもよくある話ですね。

でも、せっかく見に行くのであれば少しでも良い席で、少しでも快適に見たいものです。そこで、2016年の開催日時や見どころ、知る人ぞ知る穴場スポットについてまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

大曲の花火大会とは?

oomagarinohanabi

今年で90回目をむかえる大曲の花火大会は、その歴史は明治に始まり、最も権威のある全国花火競技大会と言われています。日本三大花火大会の1つでもあり、当日は、人口およそ4万人の大曲地区に70万人以上の観光客が押し寄せます。この花火大会での競技花火は、花火を作った本人が自ら打ち上げており、花火を作る技術だけでなく打ち上げる技術も必要な本当の意味での競技会と言っても良いでしょう。

開催日時、場所は?

開催日時:2016年8月27日(土曜日)昼花火17時30分~、夜花火18時50分~
開催場所:秋田県大仙市大曲地区雄物川右岸河川敷

打上げ総数:18000発
雨天の場合:少雨の場合は決行
観覧席:有料観覧席(桟敷席)…予約、無料観覧席…予約無し
有料観覧席は当日券は無く、インターネット(二次受付7月5日10:00から7月7日23:00まで)か直接販売(7月3日8時から)となっています。いずれも抽選となりますのでチャレンジしてみるのも良いと思います。

大曲の8月は、昼間は暑いですが夜になると涼しくなるので長袖の上着を1枚持っていくと良いと思います。あと、多少の雨でも決行ですので、天候が怪しい場合はレインコートもあると安心です。比較的暗いところが多いので小型の懐中電灯もあると便利ですよ。

大曲の花火大会の見どころ

大曲の花火2015フィナーレ10号早打ち/北日本花火興業

全てが見どころと言っても良いくらいですが、その中でも外せないのが、大会提供の“ワイドスターマイン”です。これは、ただのスターマインではありません。全長500メートルにも及び、音楽に合わせて何か所からも打ち上げられるスペシャルなスターマインは見逃せません。

また、夜花火の部に行われる創造花火は、テーマに合わせてストーリー性を持たせた珍しい花火が音楽と共に打ち上がるので物語を想像しながら見られて楽しいですよ。あとは、花火大会の醍醐味でもあるフィナーレの10号玉(尺玉)30連発は圧巻ですので、帰路の混雑も気になりますが、是非最後まで見て行って下さいね。

続きは次のページで