飛騨高山祭り2017の日程はいつ?見どころと詳細、混雑状況は?

スポンサーリンク

岐阜県の飛騨高山市といえば、世界遺産のも登録されている合掌造り集落の「白川郷」で有名な地域ですが、

今回取り上げるお祭りは、その高山市で行われる「高山祭」です。

このお祭り春と秋年2回行われるということで、それぞれ2014年の動画がありましたので、まずチェックしてみてください。

この「高山祭」の今年の日程と詳細や例年の混雑状況等ををチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

高山祭とは?

「高山祭」は岐阜県高山市で毎年開催されているお祭りで、春は「山王祭」、秋は「八幡祭」という名称でこの2つを合わせて「高山祭」と言われています。

さらに日本三大曳山祭、日本三大山車祭とされている伝統的なお祭りです。

春の「山王祭」は毎年4月14日~4月15日
秋の「八幡祭」は毎年10月9日~10月10日に行われています。

2017年の開催日程は?

春の「山王祭」開催期間:2017年4月14日(金)から2017年4月15日(土)
秋の「八幡祭」開催期間:2017年10月9日(月・祝)から2017年10月10日(火)

開催場所、アクセス方法は?

開催場所は?

春の「山王祭」は主に「日枝神社」で行われます。
住所:岐阜県高山市城山156【日枝神社】


秋の「八幡祭」は主に「桜山八幡宮」で行われます。
住所:岐阜県高山市桜町178【桜山八幡宮】

交通アクセスは?

●「日枝神社」へは高山本線「高山駅」から徒歩で25分、高山駅前の「高山濃飛バスセンター」から南線右回りに乗り「日枝神社前」でバス停下車をして徒歩5分
●「桜山八幡宮」へは高山本線「高山駅」から徒歩で20分

混雑状況は?

例年20万人以上が来るということで、近隣の駐車場や臨時駐車も約2500台程度用意されているようですが、すぐに満車になると思います。

できれば早めに宿をとってそこの駐車場におけるのがベストですが、混雑を避けたいのであれば車を使わないほうがいいかもしれません。

続きは次のページで