秩父夜祭2016!日程と詳細は?花火大会は何発くらい?

スポンサーリンク

今回は私の出身地である埼玉県秩父市で開催される「秩父夜祭」について紹介したいと思います。

「秩父夜祭」の雰囲気がわかる動画があったので、まずチェックしてみてください。

この秩父夜祭りは2日間にわたって行われる冬のお祭りなので、その詳細をまとめてみました。

スポンサーリンク

秩父夜祭とは?

この「秩父夜祭」は秩父神社の「例大祭」、飛騨の「高山祭」、京都の「祇園祭」とこの3つのお祭りを「日本三大曳山祭り」と言われていて、毎年12月の2日、3日の2日間開催されています。埼玉県秩父地方では最大のお祭りで、中近、下郷、宮地、上町、中町、本町の屋台、笠鉾が国指定重要有形民俗文化財になっています。

chichibuyomatsuri

混雑状況は?

この「秩父夜祭」は毎年県内外から20万人近くの人が訪れる豪華な屋台が見どころのお祭りです。臨時の電車も運行されるようですが、かなり混雑が予想されると思います。

秩父夜祭の開催日程

埼玉県秩父市の秩父神社の例祭は12月1日~6日までなのですが、メインは毎年12月2日の宵宮、3日の大祭になっています。
chichibuyomatsuri

開催日程

  • 「宵宮」2016年12月02日(金)
  • 「大祭」2016年12月03日(土)

秩父夜祭花火大会の開催時間

お昼にも屋台と笠鉾の曳き回し等も行われているのですが、花火大会は下記の時間に開催されています。

  • 2016年12月02日(金) 19:00~20:00
  • 2016年12月03日(土) 20:00~22:00
  • ※打ち上げ花火は雨でも実施

花火の打ち上げ数

chichibuyomatsuri-hanabitaikai
スターマイン、仕掛け花火約7000発

続きは次のページで

コメント

  1. k.k より:

    駐車場料金ですが、今年は普通車1000円の様です。