日立さくらまつり2017日程やアクセス情報は?水戸の白梅と言われる桜が見どころ!

スポンサーリンク

日立さくらまつり2017日程や見どころなど

日立さくらまつり
桜の名所でもある茨城県日立市では、毎年4月に日立市内でさくら祭りが開催されています。およそ1万4千本もの桜が市街地に咲き誇り、その美しさから「水戸の白梅」と言われるほど華やで、彩り豊かな桜の景色をみることができます。例年の日程や見どころについてご紹介しますので、是非チェックしてください!

スポンサーリンク

日立さくらまつりとは?

戦前、日立市は工業で栄えた都市でした。しかし、当時の工業都市は産業廃棄物や空気汚染などによって、草木など自然への被害が大きかったという歴史があります。

そこで、自然被害を少しでも食い止めるため、煙に強いとされていた大島桜を街に植えるようになりました。それが現在では桜を楽しむ歴史あるお祭りとして、日立さくらまつりが誕生したといいます。

イベント期間中は、約1kmにわたって平和通りが歩行者天国となり、日立風流物、日立のささら、みこしパレード、ひたち舞祭などのほか、地域名産品の紹介やお土産コーナー、などが並び、大人も子どもも楽しめるイベントとなっています!

2017年の日程

例年4月上旬~中旬まで2週間程度の開催です。
2017年4月1日(土)~4月16日(日)
日立さくらまつり

見どころ

【桜の名所】

日本さくら名所100選にも選ばれた日立の桜は「水戸の白梅」と並び称されるほど日本を代表する桜が有名な場所です。期間中は、会場である平和通り・かみね公園・十王パノラマ公園において、夜桜のライトアップを行い、幻想的な夜桜も楽しめます!

週末には、平和通りで迫力のある「日立風流物」も披露されます。

※ライトアップは18~23時(予定)
平和通りは、4月の第1金・土・日曜日は歩行者天国となりますので、ゆっくり歩きながら桜を楽しむこともでますよ!

【日立風流物】

「日立風流物」とは、高さ15m・幅8m・重さ5tの豪壮な山車で、その上の5層の屋根が開き、5段の舞台であやつり人形が演じられるものです。かなり精巧に作られていますが、この技術は江戸時代中期頃から伝わったと言われています。

さらに、国内で山車として初となる、国の重要無形民俗文化財・重要有形民俗文化財に指定され、2009年には『ユネスコ無形文化遺産』に登録されました。
総勢50人近くの大人がこのからくり人形を巧みに動かし、お芝居をみせてくれます。

【日立さくらロードレース】

日立さくらまつりの開催期間中と並び、2017年4月9日(日)には「日立さくらロードレース」というマラソン大会が開催されます。平和通りをスタート地点として、華やかな桜並木の中を走れるイベントなので、毎年全国からたくさんのランナーが集結します。応援もよし、走るもよし、桜を満喫しちゃいましょう!

続きは次のページで