せたがや梅まつり2017日程やアクセス情報、見頃は?

スポンサーリンク

せたがや梅まつり2017日程やアクセス情報

せたがや梅まつり
都内世田谷にある「羽根木公園」では、毎年美しい梅の花が咲きます。
公園全体が小高い丘になっており、南側の斜面には紅白合わせて60種以上からなる見事な梅林があり、約650本の梅が咲き誇ります。なかでも薄紅色で大輪の花をつける種類「見驚(けんきょう)」が見事で、「花香実(はなかみ)」(花良し、実良し、香り良しというので名付けられた梅です)などが美しいと評判です。
羽根木公園は交通アクセスが非常に良いので梅まつりの期間中は30万人近くの人が訪れます。週末には筝の演奏、俳句講習会、抹茶野点・餅つきなどのイベントもおこなわれ、植木・園芸市もあります。梅干や梅大福、梅ようかん、完熟梅のマドレーヌなど梅にちなんだ食べ物も販売されますので、チェックしておきましょう!

スポンサーリンク

梅ヶ丘の梅まつりとは?

羽根木公園梅まつりは、東京都世田谷区の羽根木公園(はねぎこうえん)で行われる梅祭りです。正式名称は「せたがや梅まつり」ですが、「羽根木公園梅まつり」とも呼ばれ、親しまれています。園内には、野球場やテニスコートなどもある大きな公園で、地域の方々に親しまれています。この公園は国内で最初の冒険遊び場があることで有名なほか、各種スポーツ施設や茶室もある公園となっています。

2016年2月26日現在の梅ヶ丘・羽根木公園の梅の開花状況は全体で「八分咲き」程度の見ごろを迎えていますので、2月下旬~3月上旬にピークの美しさを見る事が出来そうです。世田谷梅まつり期間中の土・日、祝日にはイベントも開催しています。抹茶サービスや、筝曲・太鼓演奏、野点・茶席、俳句の会などが行われ、植木・園芸市、物産展なども開かれます。

2017年の日程、開花時期

梅の開花時期:2月中旬~3月上旬
昨年は2016年2月11日(木・祝)~3月6日(日)に開催されました。

見どころ

毎年人気の「せたがや梅まつり実行委の模擬店」では、梅にちなんだ『梅ジャム』、『梅ようかん』、『梅大福』、『梅マドレーヌ』などが販売されます。梅大福や梅グッズなどここでしか楽しめないグッツ販売もされますので、是非足を運んでみましょう。屋台や売店は地元商店街の方々による出店が多くリーズナブルなお値段です。
梅まつり期間中の土・日・祝には、植木と園芸市が立ちます。さらに、抹茶や煎茶、甘酒が無料で振る舞われ、太鼓演奏、俳句会なども行われます。

散策路にはベンチも沢山ありますが、家族連れなどの人が、レジャーシートシートを広げて座っているのをよく見かけます。お弁当を持参したりしてちょっと肌寒いですが、春の訪れを楽しいんじゃいましょう!花より団子とは言いませんが、前述した梅大福はかなりオススメ。世田谷の経堂すずらん商店街にある亀屋さんの「梅大福」で、お値段は160円です。
甘さ控えめなで上品な味。お餅の中に、白あんが入っていて、真ん中には甘露梅が丸ごと一粒入っています。売り切れになることもしばしば。羽根木公園に到着したら、まず購入しましょう!午後には売り切れになっている事がよくあります。梅の大きな種が入っているので、お子様は気をつけてください。

続きは次のページで