水戸梅まつり2017日程とアクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

水戸梅まつり2017日程やアクセスなど

水戸梅まつり
関東を代表する梅の名所・水戸の偕楽園。水戸の黄門さまでも有名な場所ですね。
冬が終わり、春に近づく季節に「梅まつり」を開催しています。長い歴史があるまつりで、期間中は様々なイベントを開催!ライトアップや花火もある豪華なお祭りなので是非チェックしておきましょう!

スポンサーリンク

水戸の梅まつりとは?

日本三名園のひとつでもある水戸の「偕楽園」は、1842年(天保13年)に水戸藩第9代藩主徳川斉昭公(なりあきこう)が「衆と偕(とも)に楽しむ場」として開設したものです。 園内には約100品種・3,000本の梅が植えられ、毎年2月~3月には梅まつりを開催しています。全国から大勢の観光客が訪れる人気のイベントです!
また、梅まつり期間中の日曜日は、観梅デーとして、梅香の下で野点茶会や水戸の梅大使・水戸黄門一行との写真撮影サービス、水戸黄門祭り太鼓演奏などが行われます。後ほどご紹介します!

2017年の日程

2017年2月18日(土)〜3月31日(金)までの開催です。

見どころ

【観梅デー】

梅まつり期間中の日曜日は「観梅デー」として、各種イベントが開催されます。
梅の香りに包まれながらの茶会や、祭り太鼓の演奏、さらには水戸黄門様ご一行との写真撮影サービスなどがあります。無料なのが嬉しいですね!テレビで見た黄門さまに会えるチャンス!

【梅酒まつりin水戸】

毎年、満員御礼の梅酒の祭典「全国梅酒まつりin水戸」が開催されています。2015年は7000名以上の人が参加しました!日本全国、様々な梅酒150種以上の飲み比べをはじめ、梅酒のカクテル、梅酒に合う料理とのマリアージュ、梅酒の割り方を楽しむ飲み比べなどが行われ、年々人気のイベントに。

【夜・梅・祭】

弘道館・偕楽園園内の梅の木々がライトアップされ、昼間とはひと味違った偕楽園を楽しむ事が出来ます。幻想的な姿に照らし出された園内と、梅の香りを堪能出来ます。

【日時】2017年3月4日(土)、3月11日(土)
18:00~21:00

続きは次のページで