北海道のパワースポット!北海道神宮で初詣しよう!2017年の期間、時間帯は?

スポンサーリンク

北海道のパワースポット!『北海道神宮』で初詣しよう!

北海道神宮
毎年、初詣は行っていますか?
北海道神宮は、道内で1番規模を誇り、沢山の参拝者が訪れる神社です。恋愛や金銭運など様々な御利益があると言われる有数のパワースポットで、札幌以外の地方からも沢山の人が訪れます。そんな人気の北海道神宮についてまとめました!参拝に行く際は是非チェックしておきましょう!

スポンサーリンク

2017年の期間・時間帯は?

開門期間

1月1日 0時~19時
1月2日 6時~18時30分
1月3日 6時~18時
1月4~7日6時~16時
1月8~31日7時~16時までとなっています。

御利益について

北海道民の心のよりどころである「北海道神宮」についてご紹介します。

1869年(明治2年)に「開拓民たちの心のよりどころに」と、明治天皇が北海道に大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の「開拓三神」を祀るよう詔(みことのり=天皇のお言葉)を出したのが始まりです。現在は以下の四柱の神様をお祀りしています。

大国魂神(おおくにたまのかみ):北海道の国土の神様
大那牟遅神(おおなむちのかみ):開拓の神様
少彦名神(すくなひこなのかみ):医薬・酒造の神様
明治天皇(めいじてんのう) :近代日本の礎を築いた天皇社殿は、1974年(昭和49年)放火に遭い、1978年(昭和53年)に再建されたものになります。


前述したように、「北海道神宮」はパワースポットとしても人気のある場所です。
商売繁盛・交通安全・金運・勝負運・恋愛運・縁結びなどのご利益があると言われています。ただし、くぐる鳥居によってご利益が変わるものも存在しますので注意しましょう。

金運アップのご利益を得たい場合は、東駐車場近くの第三鳥居からくぐりましょう。
恋愛運向上のお願いで参拝する場合は、運気が乱れるため、表参道に続く第二鳥居からは入らないように気をつけてください。

屋台散策

北海道神宮では、初詣時期~成人式の時期まで屋台が並びます。北海道のB級グルメを楽しめる他、冷えた体に温かい物を食べて、ほっと一息つくのも良いですね!
毎年、六花亭などの北海道銘菓も屋台で出店していますので、是非食べて見てください!
だいたい11時頃から15時頃まで営業しているお店が多いようです。

続きは次のページで