明治神宮の紅葉2016の見頃や神宮外苑いちょう祭りの日程は?

スポンサーリンク

明治神宮の紅葉!見頃や楽しみ方など

よくドラマなどでも見られる明治神宮外苑。300メートルも続くイチョウ並木は、都内を代表する紅葉スポットです。サイクリングなども楽しむ事が出来、毎年11月中旬には『いちょう祭り』も開催されています。日程や見頃などについてまとめました!

スポンサーリンク

明治神宮の紅葉の見頃は?

例年の見頃は11月中旬から12月上旬までとなっています。
※今年は台風の影響などもありますので、少しずれ込む可能性もあります。
meijijinnguu-kouyou

見どころや楽しみ方

イチョウ並木について

明治神宮外苑のいちょうは大正12年に、青山通りから絵画館へ向かって約300メートルにわたって道路の左右に2本ずつ植えられ、樹齢は約100年と推定されています。
いちょうの総本数は、雄木44本、雌木102本の合計146本にも及び、青山通り口から絵画館まで木の高い順に植えられているので、絵画のような美しい風景を見る事が出来ます。
通りには、ベンチもあるので座ってのんびり景色を満喫する事もできます。
※日曜日・祝日は歩行者天国になるので、お子さん連れでも安心して観賞できます。

神宮外苑いちょう祭り

今年で20回目を迎える「神宮外苑いちょう祭り」は、明治神宮外苑創立90周年となります。例年11月中旬から開催されていて、今年は2016年11月18日(金)~12月5日(月)までと長期間での開催となっています!
平日は10:00~18:00 / 土日祝日は9:30~18:00までとなっています。
※最終日のみ14:00まで
※雨天決行。但し、状況により中止の場合もあります。
meijijinnguu-kouyou
屋台は、芝生エリア・噴水エリア・レジャーシートエリアの3か所に分かれて様々並びます!特産品やB級グルメを楽しむ事が出来、昨年は60店舗以上の屋台が並びました!
全国各地のご当地グルメを味わう事が出来、漁師メシや、佐世保バーガーなど普段はあまり食べる事が出来ないようなものもありますよ!
もちろん、入場料はかかりませんので、期間中に何度行ってもOK!デートにもおススメ!
他にも大道芸が披露されたり、お茶席や絵画の展示などを楽しむ事が出来ます。

創立90年奉納試合

創建80年時にも開催された『東京六大学野球連盟所属選抜選手VS東京ヤクルトスワローズ選手』との試合が決まりました!
試合日は11月5日(土)(予備日11月6日)13:00から試合開始
入場券販売は、9月上旬予定です

ライトアップについて

meijijinnguu-kouyou
残念ながらいちょう並木のライトアップはありません。周りに該当があるので、夜の紅葉は昼間と違い、幻想的な風景をみる事が出来ます。
聖徳記念絵画館」はライトアップが行なわれ、この時期は特に人気のスポットです。
明治神宮外苑のシンボル的な存在で、ドーム型の屋根を持つ建物は国の重要文化財にも指定されています。
ライトアップは日没~21:00まで行われ、絵画館や周りの紅葉も一緒に照らされ浮き上がって来るように見えるので、紅葉景色がより一層美しくなって観賞出来ます。

続きは次のページで