ドイツクリスマスマーケット大阪2016の日程や見どころ、アクセス方法は?

スポンサーリンク

ドイツ・クリスマスマーケット大阪2016見どころやアクセスなど

doitukurisumasuma-ketto
毎年クリスマスが近づく季節に「ドイツ・クリスマスマーケット大阪」というイベントが開催されています。本場ドイツで売られている雑貨やなどもあり、ソーセージやビールなども本場の物!この機会に味わってみては?
期間中は様々なイベントで楽しませてくれます!今回は、大阪で行われているドイツマーケットについてご紹介します!

スポンサーリンク

梅田のドイツ・クリスマスマーケットとは?

シンボルツリーである、高さ27mのクリスマスツリーが新梅田シティのワンダースクエアに登場します!約10万球の電飾で彩られたツリーは圧倒的な存在感で、会場全体を賑わいのある華やかな空間へと盛り上げる存在です。毎年異なるテーマで装飾されますので、昨年とはまた違った峰―子を楽しみましょう!ドイツ・クリスマスマーケットでは、ドイツのおしゃれなオーナメントやキャンドル、ソーセージやグリューワイン(ホットワイン)の販売など、ドイツのクリスマスを堪能する事が出来ます。期間中、空中庭園展望台にも、クリスマスムードを彩る演出が施されるなど、クリスマスムード一色に!
例年、初日の17:00から点灯式が開催され、毎日の点灯の際にも歓声が上がり、一気に会場が盛り上がる瞬間を迎えます。

2016年の日程

2016年11月18日(金)~12月25日(日)まで 17:00~22:30
(クリスマスマーケットは12:00~21:00(金曜は~22:00、土・日曜・祝日は11:00~22:00))

見どころ

本場ドイツのマーケット

会場にはドイツを代表する工芸品や温かいグリューワイン、香り豊かな焼きソーセージなどの飲食物を販売するヒュッテ(小屋)が軒を連ね、ドイツ人が自ら店に立ち接客してくれます。同じクリスマスでも、日本とは微妙に違う文化を楽しみましょう。
会場に設置されるヒュッテ(小屋)は、実際にドイツ各地のクリスマスマーケットで使用されるものと 同じものを輸送しています。さらに、ヒュッテに装飾されるガーランド(人工植物の装飾品)やイルミネーションなども、全てドイツ人のディレクターにより監修されています。かなりのこだわりですよね。ドイツ・クリスマスマーケット大阪は、ドイツとまったく同じ様式で開催されるものです。
doitukurisumasuma-ketto

「ニコラウス」が登場(金・土・日・祝の19:00~21:00登場 雨天お休み)

ドイツではクリスマスの主役はサンタクロースではなく「ニコラウス」です。
ドイツの多くの地域では、ニコラウスが一年間良い子だった子にはプレゼントをし、そうでなかった子どもにはお仕置きをすると言われ、この日をニコラウスターク(にこらうすの日)と呼ばれています。
ドイツ・クリスマスマーケット大阪では、毎週末ニコラウスが登場!長いひげを生やして帽子をかぶり、長いマントと杖を持ったニコラウスが会場に登場すると子供達は大喜び!ニコラウスは子どもたちと一緒に写真を撮ったりしてくれます!絵本の中に出てくようなキャラクターです。

アトラクション

クリスマスツリー南面に作られた特設ステージでは、初日のクリスマスツリー点灯式を皮切りに、毎週末クリスマスソングの合唱やミュージシャンのライブ等のアトラクションを実施します。毎年クリスマスを感じる人気イベントとなっています。毎週末には関西パフォーマー協会の協力で大道芸なども見る事が出来ますよ!

続きは次のページで