江ノ島イルミネーション2016-2017の料金やアクセスは?ホテルのセットプランで行くのがおすすめ!

スポンサーリンク

「江ノ島イルミネーション」2016料金やアクセスなど

enoshimairumine-syonn
江の島では、サーフィンなど夏のイメージがありますね。しかし、冬にもイベントがあり、湘南のシンボルとして親しまれているシーキャンドル(展望灯台)を中心に、江の島島内各所がイルミネーションに彩られます。今回は、江の島イルミネーションについてまとめました!特に夕日が沈んだ直後がおすすめです!

スポンサーリンク

江ノ島イルミネーションとは?

メイン会場である江の島サムエル・コッキング苑には、約5万個ものクリスタルビーズがきらめく光のトンネルが出現します。しかも、昨年からは展開エリアが広がり、圧倒的に美しい空間が登場。メインイルミネーションをいくつかご紹介します。

①光の大空間

江の島シーキャンドルの周囲および頭上がイルミネーションに囲まれる日本一の光の大空間!!メインスポットとして、圧倒的な存在感を放ちます。特に、会場内のフォトスポットは夕陽が沈んだ直後から、湘南の空イルミネーションによる絵葉書の様なような美しい世界が広がりますので、おススメです。

②湘南シャンデリア」光のトンネル

5万個のクリスタルビーズがきらめく光のトンネルは、湘南の宝石のメイン会場となる江の島サムエル・コッキング苑内に、入口から江の島シーキャンドル“光の大空間をつなぐメイン通路です。きらきらのトンネルを抜けると、そこには上空から光が降り注ぐ圧倒的な光の世界が広がります。

③江の島サムエル・コッキング苑会場

江の島シーキャンドル“光の大空間”、クリスタルビーズきらめく“光のトンネル”が登場するメイン会場。
一面に、まるで宝石を散りばめたようなキラキラな空間が広がり、2万株のチューリップと共にイルミネーションが楽しめます。
南洋系樹木が生い茂る湘南の森は、小道の両サイドが湘南の海と月夜をイメージしたイルミネーションに囲まれ、不思議な浮遊感に誘われる事でしょう。

④亀ヶ岡広場会場

黄色やオレンジ、藤色、紫などを基調としたグラデーションに包まれるマジックタイムです。夕陽が海を染める景色をイメージした空間を楽しむ事が出来ます。

⑤恋人の丘(龍恋の鐘)会場

江の島シ―キャンドルから200メートルほど先に行った所にあります。
まず、南京錠を購入し、カップルの名前を書きます。煌びやかに光り輝く龍連の鐘を鳴らして南京錠をつるすことで恋が成就されると言われています。神々しい光に包まれて大切な人と素敵な願いを叶えてください。
enoshimairumi

アクセス


【住所】神奈川県藤沢市江の島2-3
【車】東名高速横浜町田ICから40分
【駐車場】あり・有料650台、料金は駐車場により異なる
【電車】小田急片瀬江ノ島駅から徒歩20分。江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩25分。
【問合先】0466-24-2715/江ノ島電鉄株式会駐車場

続きは次のページで