高尾山の紅葉2016の見頃とアクセス方法は?もみじまつりもおすすめ!

スポンサーリンク

高尾山へ紅葉を見に行こう!!2016年の見頃は?

takaosann-kouyou
東京都八王子にある高尾山は、都心からのアクセスも良く、年間200万人を超える登山家が登山を楽しみに来る所です。紅葉シーズンは特に混雑し、豊かな自然を感じようと
たくさんの人が訪れ、年間を通して人気スポットです。
今回は、高尾山の紅葉の見どころや、混雑状況、アクセスなどについてまとめました!

スポンサーリンク

高尾山の紅葉の見頃は?

色付き始めは11月上旬頃からです。
見頃を迎えるのは11月中旬から12月上旬の見込みです。

見どころや楽しみ方

高尾山には、登山をしながら紅葉を楽しむ他に、ケーブルカーやリフトに乗る事も出来ます。11月は「高尾山もみじまつり」も開催されています。様々な楽しみ方がありますので、ご紹介していきます!

登山で楽しむ場合

takaosann-kouyou
ミシュランガイドで三ツ星を獲得した高尾山の景色は、ハイキングで楽しむのもおススメです。紅葉を楽しむのであれば、1号路がいいと思います。トイレは5か所設けてありますので安心で、全長は3.8キロと往復には丁度良い距離です。
道も比較的舗装されているコースなので、歩きやすいのが特徴です。
途中に「薬王院」という寺院があり、紅葉とのコントラストが美しく、絵葉書にあるような風景を見る事が出来ます。開運の神社仏閣とも言われていますので、是非参拝してみてください!
こんなに素晴らしい紅葉を見る事ができます!⇓

ケーブルカーやリフトで山腹へ

takaosann-kouyou
ケーブルカーやリフトに乗って、途中まで行けば、その後40分くらい歩くと山頂まで辿り着く事が出来ます。都心のビルや関東平野など、山頂でしか味わうことができない景色が広がります。

ケーブルカー(清滝駅~高尾山駅)8:00~17:45(土・日曜、祝は~18:00)
リフト(山麓駅⇔山上駅)9:00~16:30(土・日曜、祝は状況により延長)
料金 大人480円・往復930円/子供240円・往復460円 ※両方同額

紅葉時期は特に混雑し、1時間以上待たないと乗れない状況です。混雑を避けたい場合は、早朝に行くことをおススメします。

高尾山もみじまつりに参加しよう

11月1日~11月30日まで「高尾山紅葉まつりが開催されています。
土日祝日には、マス酒の販売や、東京こけしの実演などイベントが盛りだくさん!
高尾山(「高尾森林センター」前、ケーブルカー乗り場「清滝駅」前、山腹の茶屋「十一丁目茶屋」前)で開催されます!

混雑状況など

紅葉時期は特に混雑が予想されます。
前述したように、ケーブルカーやリフトは1時間以上待つ事もあります。整理券を受け取って上手に時間を活用しましょう。
1号コースは、幅広い年代の方に人気のコースですので、道も込んでいる可能性があります。
混雑を避けたい場合は、平日の早朝がおススメです!
takaosann-kouyou
服装は、厚底のスニーカーをおススメします。たまに、サンダルなどで歩いている人を見かけますが、整備されているとはいえ、非常に危険です。寒い場合もありますので、羽織り物も1枚あると便利でしょう。あと、虫よけは忘れずに!涼しい季節なので、虫もまだまだ元気です!

続きは次のページで