六甲山の紅葉2016の見頃とアクセス方法は?ロープウェイからも楽しめる!

スポンサーリンク

ロープウェイから見下ろす「六甲山の紅葉」2016

rokkousann-kouyou
兵庫県神戸市にある「六甲山」とは、東西約30キロにわたる山々の連なりを指します。
西は須磨、東は宝塚まであり、「六甲山地」や「六甲山系」と呼ばれ、中でも最も高い山は約930メートルで、瀬戸内海国立公園六甲地域に指定されています。
ロープウェイから見下ろす紅葉は人気スポットで、毎年紅葉を見ようと沢山の人が集まります。温泉も有名な場所で、時間を忘れてゆっくり楽しむ事が出来ますよ。

スポンサーリンク

六甲山の紅葉の見頃は?

例年11月上旬~11月下旬が見ごろとなっています。
山地ですので、若干早めの見ごろとなりますので、見逃さないよう注意してください。

見どころや楽しみ方

おススメの楽しみ方をいくつか紹介します!

ハイキングを楽しもう!

rokkousann-kouyou
六甲ガーデンテラスから有馬温泉街まで約3時間歩くコースがあります。ゴールは有馬温泉なので、運動後はゆっくり温泉に浸かるのも良いですね。

スタートのガーデンテラスは、六甲山上のある展望スポットです。お土産屋さんや食事施設もありますので、後ほど詳しくご紹介します!
営業時間は9:30~21:00 (土日祝~22:00)までで、夜の神戸市街を一望する事もできます。

紅葉谷に着くと、紅葉の木々が沢山あり、色とりどりの景色を楽しむ事が出来ます。

紅葉谷を進むと、百間滝・似位滝・七曲滝など「有馬四十八滝」と呼ばれている水スポットにたどり着きます。足元が危険な場所もあるので、見る際は注意してください。

鼓ケ滝公園は、滝つぼに落ちる水音が反響する音が、鼓を打つ音に似ている事からこの名がついたと言われています。初夏には森林浴、秋には紅葉狩りを楽しむ事が出来る場所です。

ゴール「有馬温泉」です!豊臣秀吉も愛したと言われている日本三古湯の1つでもあります。塩分と鉄分が豊富な「金泉」と温度が低い「銀泉」のお湯が湧きだします。
温泉で疲れた体を癒してください!

六甲高山植物園で夜のもみじ散策をしよう

rokkousann-kouyou
紅葉の時期は、夜の特別開園があります!
【日程】10月29日(土)~11月6日(日)
【時間】平日17:00~18:30、休日17:00~19:30
【場所】六甲高山植物園 園内 ※西入口のみ開門
【参加料】大人620円、小人310円、シニア割引520円
昼間とはまた違った景色を楽しむ事が出来ます。紅葉がライトアップされ、幻想的な雰囲気が漂います。紅葉ガイドも、30分ごとにあるので、子供も大人も楽しむ事が出来ます!
この時期だけの特別開園ですので、おススメです!

昼間でも素晴らしい紅葉が見れますよ!⇓

ロープウェイで空中散歩!

rokkousann-kouyou
六甲山頂と有馬温泉を約12分でつなぐロープウェイ。四季折々の景色を空中から楽しむ事が出来ます。遠くまで見渡す事が出来、運が良ければ小豆島が見えることもあるそうです。
11月からの運行時間
【平日】9:30~17:10
【土曜】9:30~20:30
【日祝】9:30~17:10
【料金】六甲山頂駅~有馬温泉(片道)大人1,010円/子供510円
六甲山頂駅~有馬温泉(往復)大人1,820円/子供910円
【問合せ】(078)891-0222

続きは次のページで