八王子いちょう祭り2016の日程とアクセス方法は?見どころはクラシックカーパレード!

スポンサーリンク

幸せの黄色い並木道 八王子いちょう祭り2016の日程&見どころは?

hachioujiichyoumatsuri 
東京都八王子市の甲州街道(国道20号線)には、追分町から高尾駅前まで、約4キロ、770本のいちょう並木があります。
1929年に天皇家のお墓である多摩御陵の完成記念に宮内庁が植樹したもので天然記念物にもなっています。
このいちょう並木が美しく染まる11月、市民手作りの秋祭り、八王子いちょう祭りがおこなわれます。
首都圏から気軽に行ける距離の場所にこんな美しい景色の場所があるのかと驚きます。そして後述しますが、クラシックカーファン必見の祭りでもあります。
 

スポンサーリンク

八王子いちょう祭りとは?

昭和50年代から、市民の有志で企画・運営され、11中旬におこなわれるようになった、市をあげての一大イベントである秋祭りです。
御陵近くの陵南公園や、南浅川沿いが主な会場で、毎年、テーマ(キャッチコピー)が決められており、過去には「みつけよう幸せの黄色いイチョウを」などでしたが、2016年のテーマはSay YES! Challenge together! 『新しいことを試みよう!』です。
hachioujiichyoumatsuri
イベント内容としては、和太鼓・よさこいなどのステージや、地元住民によるフリーマーケット、関所オリエンテーリングイベント(通行手形を持って指定の関所ポイントをまわり、焼印をあつめると記念品がもらえる。追分関所と小仏
関所にちなんだイベント)そしてメインイベントのひとつであるクラシックカーパレードもおこなわれます。
日本各地から集まったさまざまなクラシックカーが秋の甲州街道を走る絵になるさまは必見です。
八王子いちょう祭りのクラシックカーパレードは、全国の類似イベントの草分けといわれています。
 

2016の日程

2016年(平成28年)11月19日(土)9時~17時~11月20日(日)9時~16時半です。
※クラシックカーパレードは11月20日(日)に開催されます。
会場は甲州街道一帯で、追分町交差点〜小仏関跡・陵南公園本園・陵南公園分園・陵南いちょう会館跡地・旧免許更新所駐車場・長房市民センター・浅川市民センター・原児童遊園・原宿ふれあい広場・横山事務所・八王子市立中央図書館・東浅川公園・交通公園ほか。

見どころ

kurasikkuka-
みどころは黄色く色づいた秋らしいイチョウ並木そのもののほか、よさこいや太鼓などもりだくさんの各種伝統芸能ステージ、そしてなんといってもクラシックカーパレードです。
クラシックカーを見ることができる場所はたくさんあるかもしれませんが、これだけのクラシックカーが実際走るところを見られる機会は、実は滅多にないことなのです。
秋の甲州街道のシックな雰囲気にぴったりのクラシックカー・・・

続きは次のページで