神戸マラソン2016の日程とコースの見どころ、交通規制の時間帯は?

スポンサーリンク

いい汗流そう!!神戸マラソンコースの見どころ、交通規制の時間帯は?

koubemarasounn
今年で第6回目の神戸マラソン!!毎年抽選が行われ、出場したくても出来ない人がいるほど人気のマラソン大会です!今回は、人気の理由と日程などについてまとめました。

スポンサーリンク

神戸マラソンとは?

神戸マラソンは、「人の為に走る」マラソンをモットーにし、阪神淡路大震災の復興を願い
手を差し伸べてくれた人たちへの感謝の意味を込めたマラソン大会とされています。
42.195キロに「ありがとう」のキャッチフレーズを設け、トップランナーから市民ランナーにまで人気の大会です。
今年は、定員を2000人増やし、20,000人の出場が決まりました!
第5回までは「クォーター枠(10.6キロ)」で2000人の募集をしていましたが、今年からはこのクォーター枠を廃止し、フルマラソンを増設しました。これまで以上に大会が盛り上がること間違いなし!!

2016年の日程

【日時】2016年11月20日(日)
【定員】20,000人
【参加料】10,300円
【制限時間】7時間
【2016年の抽選倍率】3.75倍(定員20,000人で、75,097人の応募がありました)

見どころ(コース 高低差等詳細)

年代別チャレンジ枠

かなり厳しい、年代別の資格タイムが設定されています。
これをクリアすると、抽選チャンスが2回に増えるのです!ちなみに、39歳以下男性で3時間15分…。平均でも4時間以上かかる42キロマラソンでは、かなり早いペースです。

今年から新設「シード枠」

前回の神戸マラソンの成績良い人は、シード枠で抽選なしで参加できる制度です。男子は総合200位、女子は総合100位まで、年代別男女各10位以内のランナーが対象です。抽選なしで参加できるなんて、ランナーにとってはこんな嬉しい事はありませんね!
‐コース紹介‐
koubemarasounn
【スタート地点】神戸市役所前はマラソン発祥の地と言われています

【7キロ地点】  あの、鉄人28号巨大モニュメントがあり、復興のシンボルです。横山光輝さんの作品で、その身長は約15m、足のサイズは4mもあります!

【10キロ地点】桜の名所として有名な、須磨浦公園を通過します。ここまでは、高低差も無く走りやすいコースです。

【17キロ地点】ひたすら海岸沿いを走り続けると、4キロ近くある明石海峡大橋が見えてきて、ここで折り返しとなります。晴れている日は、海と空をバック に見る橋がとても美しいですよ。

【27キロ地点】須磨水族館が見えてきます。人気のペンギンやラッコもいるので子供にも人気な水族館です!

【31キロ地点】ノエビアスタジアム神戸が左手に見えてきます。2002年FIFAワールドカップが開催されたスタジアムとして有名ですね。

【35キロ地点】神戸ポートタワーの付近です。ここらへんが、最大の高低差。
コース内最大で25mの勾配を駆け上がらなければなりませんよ!!
koubemarasounn
【37キロ地点】神戸大橋を渡ります。ここからは下り坂になりますよ~。赤く大きな橋は神戸のシンボルとも言われている橋ですよ!

【最終地点】ポートアイランドへ!!周回してゴールです。お疲れ様でした!!
ユーチューブでは、コースを体験できる動画があります!!初めての参加の方は、イメトレに良いですよ!⇓

海岸沿いあたりは、その日の天候に大きく左右されそうです。風が強い場合はタイムにも大きく影響が出るでしょう。

続きは次のページで