七五三はいつ?男の子と女の子との違い、着物レンタル、写真の相場まで1発チェック!

スポンサーリンク

七五三について知っておくべきポイント

shichigosann
「七五三」って数え年なの?生まれ年なの?お参りに行くときの親の恰好はどうしたらいいの?
男の子と女の子の違いって?写真を撮る相場って?など、たくさん疑問があります。
そこで今回は、七五三のあらゆる疑問についてお答えします!!

スポンサーリンク

七五三の着物レンタルなどの相場は?

まず、七五三にかかる費用を確認しましょう。

① 御初穂料(御祈祷料)
② 衣装代
③ 写真代(写真館で撮影する場合)
④ 食事代(お参り後の食事会)
⑤ お祝い金

基本的には、上記の費用が必要になってきます。もちろん、出せばきりはありませんが、それぞれの相場を見ていきましょう。

御初穂料とは、祈祷の時に神社へ納めるお金です。封筒へ入れて、神主さんにお渡しします。相場としては5,000円~10,000円です。お参りへ行く際は、予約をしておきましょう。

衣装代は、7,000円~10,000円が相場です。ヘアセットや、小物レンタルが別料金になっている場合もありますので、注意しましょう。レンタル期間も、写真撮影日とお参りを別にする場合などで金額が変わってきます。お店によっては、前撮~お参りまで、週単位で貸してくれるところもあるので、お店で確認しましょう。

写真撮影は、時期なども気をつけたいので、次項目で詳しくご説明します。

食事代は、ホテルやレストランで会食をします。お参りの帰りなどに行われ、一般的には、両親・祖父母、親しい親族などでお祝いします。
最近は、自宅で会食するパターンも増えていますが、来客準備や片付けが面倒ですよね。
お店によって「七五三コース」などの食事メニューを用意している所もあり、子供が好きなメニューが豊富です!大体、大人3,000円/子供1,500(1人)円コースなどが一般的です。

お祝い金は、祖父母や近親者から、七五三のお祝い金を贈ります。食事代や撮影費などを負担するケースも増えているようです。相場としては、5,000円~20,000円ほどです。
shichigosann

レンタルで着物を選ぶポイント

女の子は、着物選びに迷いますよね…。いくつかポイントがありますので、参考にしてください!

子供が似合う色

肌の色や、雰囲気によって、色を選びましょう。マイペースで色が白く、優しい雰囲気の子だったら、パステルカラーがおススメです。逆に、日焼けしていて、活発なイメージの子でしたら、はっきりとした色が似合います。デザインも大事ですが、ベースの色もとても重要です!

流行りの着物ドレス

最近はオシャレな子供が多く、和柄の生地にレースがついた、スカート調のドレスを着たいという子供も多いようです。撮影の時に着せるには問題ありませんが、神社へお参りに行くとかなり浮いてしまいます…。非常識と思われてしまう場合もあるので、注意しましょう。
あとは、ずっと残る写真ですから、あまり流行に乗せてしまうのも、後々見たときに少し恥ずかしいので、おススメはしません。

年齢に合わせて

3歳の小さなお子さんだと、締め付けられる着物を長時間着るのは、少々辛いかも知れません。撮影は着物にして、お参りは洋服でという選択肢もあります。
あまり重たい着物よりも、小物なども含め、軽めな素材で選んであげた方が、自然な笑顔で撮影出来るでしょう。
子供だって緊張しますよね⇒

七五三の写真相場は? いつとったらいい?

shichigosann
ここで、写真撮影についてご説明します。
まず相場ですが、アルバムを作成した場合、大体5~6万円はかかると思っておいてください。結構な金額ですよね。
内訳としては

  • 着物レンタル
  • 着付け料金
  • 撮影料
  • 写真代
  • オプション

などです。もちろん、豪華なアルバムにするとか、ポーズ数を増やすとかで、金額は変わってきます。最近は、「デジタルフォト」なども多くなっていますよ。
店舗によって、早期割引キャンペーンなどを企画しているところもあります。撮影は早めの予約がベストです!

 … 早めに撮りたい方に向け、キャンペーンがスタートする頃です。
 … お子さんが日焼けしないうちに撮影した方が◎
 … 七五三の季節はピークに混み合います。あまろギリギリだと可愛い衣装が少ないので、注意しましょう
 … 後撮りのキャンペーンで安くなることも!

続きは次のページで