新居浜太鼓祭り2016の日程と詳細は?迫力のある喧嘩祭り!

スポンサーリンク

勇壮!絢爛豪華!新居浜太鼓祭り2016年の日程や見どころは?

niihamataikomatsuri
新居浜(にいはま)という町をご存知ですか。四国の愛媛県にあり、四国の北側、瀬戸内海側の中央あたりにある町です。
古くから銅山で栄え、いまでも金属・化学工場が立ち並びます。その新居浜で、毎年10月、市民のみならず四国人が心待ちにしている、絢爛豪華で勇壮なお祭りがあります。それが新居浜太鼓祭りです。
四国三大まつりのひとつでもある、新居浜太鼓祭り、その魅力をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新居浜太鼓祭りとは?

愛媛県新居浜市で毎年10月16日~18日に行われる、四国を代表する秋祭りで、新居浜市最大のイベントです。
徳島県の阿波踊り、高知県のよさこい祭りと並んで、四国三大祭りのひとつとしても知られています。
歴史は古く、はっきりした記録はありませんが、ナント平安時代から行われていたのではないか・・・ということです。
金銀の糸で飾られた、「太鼓台(太鼓)」とよばれる絢爛豪華な山車が特徴で、その数ナント50台以上!!
そしてその太鼓台も、高さ約5.4メートル、長さ約11メートル、重さ約2.5トンにもなるというから驚きです。それを総勢150人ほどの「かき夫」と呼ばれる担ぎ手らが担ぎ上げる「かきくらべ」は、迫力満点です。

なお、主に祭りに参加するのは男性のみで、かき夫になれるのも男性のみとのことです。

2016の日程

2016年も、例年と同じく、10月16日(日)8時~18日(火)です。

各日の祭り開催時間は

  • 16日8時30~21時
  • 17日9時45分~20時30分
  • 18日9時~19時
  • となっています。が!大生院地区のみ、15日(土)~17日(月)です。(かきくらべは行われません)

    かきくらべは3日間で35か所もの主に新居浜駅周辺の会場で時間別に行われます。
    各会場ピンポイントの開催時間をお伝えしたいのですが、
    残念ながら未定です・・・。

    基本的に雨天決行ですが、場所によって・あまりに荒天の場合などは中止になることがありますのでご注意ください。

    見どころ

    この祭りの見どころはなんといっても、自治体それぞれが総力をあげて豪華さを競いあう太鼓台そのものと、通常は車輪を付けて運行されているその太鼓台の車輪を外し、重さ約2.5トンにもなる太鼓台を、約150人のかき夫の力で天高く担ぎ上げ(さしあげ)、房の割れ方、地面に降ろさず担ぎ上げてる耐久時間などを競う祭りのメインイベント「かきくらべ」です。
    niihamadaikomatsuri
    瀬戸内の町らしく、豊漁と安全を祈る船御幸(ふなみゆき)という神事も見どころです。太鼓台を専用の船に乗せて、新居浜港内を一周しながら「かきくらべ」などのパフォーマンスを行います。

    また、”喧嘩祭り”の別名の通り、他地区の太鼓と鉢合わせになった場合におこる太鼓同士のぶつかりあいは”喧嘩”と呼ばれ、怪我人が出る・機動隊が出動するなど、毎年問題にもなっていますが、”喧嘩”を防ぐことは難しく、さらに祭りを盛り上げるのに一役かっているという声もあります・・・。

    続きは次のページで