江ノ島花火大会2016の日程とアクセス方法、穴場スポットは?

スポンサーリンク

江の島の秋を彩るふじさわ江の島花火大会2016日程&穴場情報

enoshimahanabitaikai
江の島湘南界隈の花火大会は、神奈川新聞花火大会だけではありません!!時期をずらした秋におこなわれる、毎年人気の湘南らしい花火大会があります。
今年もそのふじさわ江の島花火大会の時期が近付いて来ました。
海に沈む夕日に、夏の終わりをさみしがっている場合ではありません。魅力たっぷりのふじさわ江の島花火大会、見どころや穴場スポットをお伝えしたいとおもいます!

スポンサーリンク

ふじさわ江の島花火大会とは?

神奈川県内はもちろん、全国的にも人気の花火大会で、花火大会には珍しい10月中旬に、片瀬海岸西浜でおこなわれます。打ち上げ場所は2ヶ所新江の島水族館目の前の海上と、江の島大橋すぐ西の 片瀬漁港ふ頭です。
江の島の海をバックに、界隈では唯一の特大2尺玉(約480mの花が開く花火になります)や、スターマインを含む約3000発の花火が打ち上げられ、海沿いの街・湘南らしく、漁港や船上から打ち上げられる花火まであることが特徴です。
毎年6万人以上の人がおとずれ、湘南の秋の風物詩を楽しみます。
enoshiimahanabitaikai

2016日程は?

2016年(平成28年)10月15日(土)18:00~18:45(予定)
*雨天の場合、翌16日(日)に順延

見どころ

enoshimahanabitaikai
見どころは、夜の海と秋の澄んだ夜空に映える、湘南界隈唯一の ”2尺玉”による直径約480mの大輪の花が開く 大型花火。海(船、漁港ふ頭付近)が打ち上げ場所という花火大会は全国でも珍しいそうです。
夕日を見送ってすぐに花火で空が再び明るくなる・・・。時間ごとに変わる景色と花火の両方を楽しむことが出来ます!
そして後述する穴場スポットのひとつから見る迫力満点の花火は是非とも観ていただきたいです・・・・!撮影ポイントとしてもおすすめ。

沿道にある 数十か所もの露店での湘南B級グルメも楽しみのひとつ。
この花火大会は、毎年多くの観光客や地元の見物客が押し寄せるので、早くも昼ごろからたいへん混雑します。交通規制の告知がなかったエリアでも、たとえば駐車場がいっぱいになるとすぐに車両通行止めになってしまったりする区域もあります。
公共交通機関を利用するか、朝から現地入りして、昼間は散策や観光を楽しみ、夕方から海岸付近へ移動するコースがおすすめです。

続きは次のページで