小松基地航空祭2016の日程とアクセス情報、混雑状況は?

スポンサーリンク

小松基地航空祭へ行こう!!

komatsukitikoukuusai
秋晴れの空は、青く澄んで綺麗ですよね。そんな青く澄んだ空に飛行機が華麗に飛び回るショーを見ることが出来るんです!航空ファンだけでなく、子供から大人まで1度行くとファンになってしまうこと間違いなし!

スポンサーリンク

小松基地航空祭とは?

石川県にある小松航空基地で毎年秋に開催されるお祭りです。
普段は立ち入ることが出来ない航空基地に入れるだけあって、人気のイベントです。
毎年約10万人以上もの人が訪れます。
komatsukitikoukuusai
なんと!小松基地には『F15戦闘機』が常駐しています。といっても、女性だといまいちピンときませんね。少しだけ人気戦闘機について説明しますね。
F-15戦闘機は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他の飛行教導隊などに約200機が配備されています。昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおける実力を持つ戦闘機といえます。
見た目もスマートでカッコいいですよね!?

2016年の日程

2016年9月19日(月・祝)1日間のみ
基地開放時間は例年、7時45分~15時30分です。
雨天の場合、航空際は開催されますが、ショーは中止になる場合があります。
komatsukitikoukuusai

見どころは?

午前中はF-15戦闘機や飛行部隊のプログラムがあります。
午後は『ブルーインパルス』が展示飛行をします。
ブルーインパルスは全国でも様々な式典などで飛行をする華やかなイベントです。
BGMやナレーションと共にパイロットが機体に乗る姿は、もぅ子供達の夢ですね。
この、ブルーインパルスにはは、全国から選出された優秀なパイロットしか乗ることが出来ません。別名『ドルフィン・ライダー』と呼ばれています。

圧巻ですね!天候の影響受けやすいイベントですから、是非とも当日は晴れてほしいですね!当日行けない方や天気が不安な時は、『予行練習』を見に行くのも良いでしょう。
予行練習は、航空際の1、2週間前くらいにならないと日程がわからないのですが、迫力満点の展示飛行を見ることが出来ます。開催日が近くなったら基地HPなどでアナウンスしていますので、チェックしてみてくださいね!
2016年のタイムスケジュールはまだ公表されていませんが、毎年ほぼ変わらないので2015年の情報を参考にすると良いでしょう。

飛行展示プログラム

・7:45〜8:30  オープニング 編隊航過飛行 (6空団)
・8:55〜9:30 機動飛行 (6空団)
・9:30〜10:20 救難展示 (救難隊)
・9:55〜11:05 編隊飛行 (6空団)
・10:45〜11:00 F-2 訓練展示
・11:30〜12:20 グライダー
・13:00〜13:50 ブルーインパルス(12:35〜ウォークダウン)

催し

・11:40〜12:30 中部航空音楽隊演奏 (2格) ※雨天時は9:00〜9:30
・9:40〜11:40 獅子舞・太鼓など (2格)
・7:45〜15:00 特産品ブース (1格)
・7:45〜15:00 装備品展示 (3格)
・7:45〜15:00 車両等展示 (3格東側)
・7:45〜15:00 グライダー展示 (補給倉庫前)
・8:00〜13:00 紙飛行機大会 (補給倉庫)
・8:00〜14:45 花自動車 (エプロン地区東側)
・11:00〜12:00 モデル撮影会 (エプロン西)

続きは次のページで