北海盆踊り2016の日程と見どころ、アクセス情報は?

スポンサーリンク

仮装して行こう「北海盆踊り」!

夏の暑い時期、各地で必ず盆踊りのお祭りがありますよね。そんな中、北海道の短い夏を彩る
北海盆踊り」について情報を集めてみました!

スポンサーリンク

北海盆踊りとは?

毎年北海道でお盆時期に開催される盆踊りです。子供の部と大人の部に分かれており、仮装コンクールなどのイベントが盛りだくさん。今年で63回目を迎えます。
この時期は、札幌夏まつりや、すすきの祭りなど札幌の街がとても盛り上がってますよ!
ビアガーデンでサッポロビールを乾杯しましょう!
hokkaibonnodori

北海盆踊り2016年の日程

【北海盆踊り】8月11日(木・祝)~17日(水)まで開催されています。
時間は18時~21時。

※仮装コンクールは最終日の17日に開催します。
【札幌夏祭】7月20日~8月17日まで約1ヵ月間開催しています。
【札幌大通ビアガーデン】7月20日~8月15日までです。

hokkaibonnodori
札幌の夏は暑いですが、夜になると冷える日もあるので、薄手の羽織るものを持っていくと良いでしょう。

北海盆踊りの見どころ

① まず1番の見どころとして、仮装は見るべきポイントです。もちろん参加しても楽しいですよ!北海道の盆踊りは、仮装が主流になっていて中でも北海盆踊りは仮装にかなり力が入っています。コンクールをやるくらいですからね。豪華景品がもらえますので、みなさん張り切って参加しています。(事前の申し込みが必要)
最近では、外国人観光客も増加し日本の文化に溶け込んでます。
もちろん仮装しなくても盆踊りに参加できます!すぐに覚えられる振付ですし、最初は恥ずかしくてもいつの間にかみんなで楽しんでます。和太鼓の生演奏で踊れるのも魅力ですね。

② 北海道は「食の宝庫」です。露店で販売されている魚介焼きやビール、ジンギスカンなどもお勧めですよ。盆踊りの会場よりも、札幌夏祭りの会場の方が露店が多いのでお勧めです。
札幌まつりの会場は、札幌大通5丁目~11丁目までとなっています。所々に飲食スペースを設けてありますので運が良ければ座ってゆっくり食べることができますよ。

③ 子供盆踊りでは「たいこ体験」というイベントがあります。事前受付をし、抽選にあたると実際にやぐら上で和太鼓をたたく事が出来ます。当日、会場本部にて17時より受付をしていますので、お子さんがいる方は是非!

続きは次のページで