熊谷花火大会2016の日程、駐車場、おすすめの穴場スポットは?

スポンサーリンク

熊谷花火大会2016の日程とおすすめ穴場スポット

「あついぞ!熊谷」をキャッチフレーズに日本屈指の「猛暑の街」熊谷市で開催される埼玉最大級の花火大会です。打ち上げ場所が河川敷で非常に見晴らしが良いためかなり遠くからでも花火が鑑賞できることでも知られ毎年45万人の来場者で溢れかえります。そんな「熊谷花火大会」の2016年の日程と混雑や場所取りが苦手な方におすすめの穴場スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

熊谷花火大会とは?

第二次世界大戦の空襲に見舞われた街の復興が果たされた記念として1948年(昭和23年)に始まった「大熊谷復興花火大会」が起源の花火大会で2016年に第67回を迎えます。打ち上げ数は約1万発、最大10号玉が打ち上げられ関東でも屈指の規模です。
kumagayahanabitaikai
JR「熊谷駅の上越新幹線ホームや駅ビル屋上のビアガーデンも絶景ポイントで熊谷市の真夏の風物詩です。また花火だけでなく出店数が500店舗を超える屋台がずらりと並びB級グルメをはじめとしたさまざまな屋台でお祭り気分をさらに盛り上げるものとなっています。

熊谷花火大会2016の日程と開催場所

・日時:2016年8月13日(土) 19時~21時
・開催場所:埼玉県熊谷市河原町 荒川河畔 荒川大橋下流
※有料席あり:6月17日(金)発売開始
kumagayahanabitaikai-utiagebasyo

熊谷花火大会の見どころ

スターマインコンクール

花火業者7社による協議会で花火師が技術の粋を競い合います。かなりのレベルの高さで来場者を盛り上げます。

メッセージ花火

市民などの個人から提供されたメッセージを花火の打ち上げと共に会場でアナウンスします。誕生日のお祝いやサプライズのプロポーズなどカップル・家族にとって記憶に残る特別な花火になります。
※花火の大きさによって金額が変わります。

地元企業の協賛花火

熊谷市の大手スーパーなどがそれぞれ協賛した花火を打ち上げます。どの企業も負けじと華やかな演出を駆使し大会に彩りを添えます。

熊谷花火大会おすすめの穴場スポット

久下河川敷

kumagayahanabitaikai-anaba
少し会場からは離れますがあまり混み合いません。遮るものもほとんどないので花火も綺麗に見えます。
JR高崎線・秩父鉄道「熊谷駅」から徒歩25分

石原公園

石原公園 埼玉県熊谷市大字石原
ほとんど混雑もせず場所取りには苦労しませんのでゆっくりと花火を鑑賞できます。
JR高崎線「石原駅」から徒歩5分

ベルク赤城店

ベルク赤城店
こちらはスーパーの駐車場ですので車での鑑賞に最適です。トイレや飲食の心配もしなくてすみます。
JR高崎線「熊谷」駅から徒歩6分

続きは次のページで